ご自宅のお掃除や遺品整理などのタイミングで、母や親戚の着ていた古い着物が出てきたという経験はありませんか。

古い着物は捨ててしまうほかないのでしょうか?

結論から言うと、古い着物を捨ててしまうことは決してオススメできません。

もしその着物が、価値のある着物であった場合、買取に出せば思わぬ副収入となるかもしれません。

今回は、着物の処分方法と、買取でリサイクルすると言う選択肢についてご紹介します。

着物の処分に困っていませんか?

かつて普段着として、そして結婚式や入学式などの冠婚葬祭、着物は様々な場面で着用されてきました。

そのため、祖母や母の遺品の着物が、自宅の掃除や遺品整理のタイミングで見つかるというケースは少なくありません。

ご親族が大切に着物である場合もあり、

「捨てるのは忍びない・・・かといって着る機会もない・・・」

ということもあるでしょう。

着物の処分にはどのような方法がベストなのでしょうか?まずは着物の処分方法の種類を知っておきましょう。

着物の処分方法

 

着物の処分方法として考えられるのは以下の3つです。

1,ゴミとして捨てる 2,リメイクやリサイクル 3,着物買取やリサイクルショップで売る

それぞれ詳しく見ていきましょう。

着物の処分方法1 ゴミとして捨てる(断捨離)

もっとも手っ取り早く処分する方法として、ゴミとして処分する方法があります。一枚や二枚程度であれば特に料金もかからず衣類として捨てることができます。(枚数が多い場合は、粗大ゴミとして処分する必要がありますので、お住いの地域の自治体に相談しましょう。)

しかし、この「ゴミとして捨てる」という処分方法はオススメできません。

と言うのも、近年、日本文化の象徴である着物は国内外問わず再注目され始めています。

古くて出番のなくなった着物でも、需要によっては買い手がつく可能性は十分にあるといっていいでしょう。

着物の処分方法2 リメイクやリサイクル

最近では祖母や母親から受け継いだ着物を、リメイクしてリサイクルする方が多いようです。着物は着ないけど手元に残しておきたいものや、思い出の着物を違う形で楽しみたい方に人気のようです。

ブラウスやワンピース、スカートなどの洋服にしたり、豪華な振袖をウエディングドレスにリメイクされる方もいらっしゃいます。

しかしリメイクする技術や、費用がかかってしまうのがデメリットですので、形を変えてずっと手元に置いておきたい時にはおすすめです。

着物の処分方法3 着物買取やリサイクルショップ、ネットで売却

人気の柄であったり、格が高いと思われるもの、珍しい着物は、高価買取が期待できるでしょう。

リサイクルショップでも売ることはできるのですが、オススメは着物買取の専門店での売却です。リサイクルショップでも着物を買取対象にしている業者はたくさんありますが、もっとも高く売るという点で言えば、正確に着物の価値を判別してもらえる着物専門買取業者の査定を受けるべきでしょう。

着物買取の手続きは、ネットで予約することが可能です。電話一本で申し込みもできますし、電話が嫌な方はメールでも申し込み可能です。

また、買取方法のレパートリーも豊富で、持ち込み以外にも出張買取や宅配買取といった買取方法の利用が可能です。

着物買取では、着物だけでなく、帯や簪、バッグ、草履など、和装関連の品であれば、なんでも買い取ってもらえます。

ご自宅の整理で出てきた着物の処分としてはもっとも便利と言えるかもしれませんね。

また着物の売却は、ネットオークションやフリマサイトも選択肢の一つです。自分で売値を設定できるので、納得の金額で売ることができるでしょう。ただし、当然ですが需要が無ければ買い手は付きませんし、価値が分からなければ安く手放してしまう可能性もあります。上級者向けの売り方と言えます。

いづれにせよ、ご自分の目的に合わせて適切な処分方法を選ぶことが重要です。

まとめ

日本の伝統文化であり、日本文化の象徴とも言える着物は、近年再注目されています。不要な古い着物であっても、思わぬ価値を秘めているかもしれません。

ゴミとして処分することも可能ですが、どうせなら着物買取でお金に変えて見ませんか?

以下では、オススメの買取業者についても紹介していますので、ぜひ参考にして見てください。