着物を処分するならリサイクルと買取どっちが良い?という事で、今回は着物を処分する時にリサイクルに出す方法と、買取に出す方法でそれぞれメリットとデメリットを比較してみました。

成人式の時に着た着物が箪笥にしまったままになっていたり、母や祖母から譲り受けたものの使っていないという方は意外と多くいらっしゃるかと思います。でも、せっかく良い着物でも着る機会がないと場所も取るしもったいないですよね。着物は他の洋服と違って非常にデリケートなものであり、長期保存の際には湿気に強い桐箪笥を使用したり、定期的に虫干しをしないと状態がどんどん悪くなってしまいます。

今回は上記のような方のために着物の処分方法やリサイクル、リメイク、買取などの選択肢をそれぞれ検討していきたいと思います。

着物を処分する方法は何がある?

では、まずは家に着ていない着物がある時、どのような処分方法があるかをまずは見ていきましょう。

ゴミに出す

家に着ていない着物があるときにまず手っ取り早く考えるのがゴミに出すことかと思います。しかし譲り受けた着物であれば実は思いがけない価値がある事もあり、何も考えずに捨ててしまうと損してしまう可能性があります。古い着物には数万円から、高くて数十万円になるケースもあるためそういった価値がある着物を捨ててしまうのは非常にもったいないですよね。

どうしても早く処分したいのであればゴミに出すという選択肢もありますが、あくまでも最後の手段として考えておくのが良いかと思います。

リサイクル・リメイクする

着ていない着物を有効活用する方法としてリサイクル・リメイクをするという方法もあります。現在では着物をリメイクしてワンピースやドレスにして活用されている方もおり、有効な方法となっています。下記にいくつか参考となりそうなサイトを掲載しておきますので、着物のリメイクを検討している方は参考にしてみてください。

・思い出の着物をリメイクする方法
https://akizakura.net/blogs/news/remake?ls=ja&cache=false

・手毬(リメイク専門店)
http://rimeiku-temari.com/original.html

リサイクルショップに売る

着ていない着物を処分する方法として、リサイクルショップで買取してもらうという方法もあります。ただしリサイクルショップでは着物の知識を持った店員さんがおらず、価値ある着物であっても二束三文になってしまう可能性も高いです。どうせ買取するなら少しでも高く買い取ってもらいたいと思いますので、リサイクルショップに売るよりは後述するインターネットの着物の出張買取専門店に依頼するのをおすすめします。

買取専門店に出す

着物を処分する際に当サイトで一番おすすめしている方法はインターネットの着物の出張買取専門店に買取してもらう事です。現在では着物の価値が改めて見直されているという事もあり、着物の買取を主軸として行っている会社も多くなってきました。
インターネットの着物買取専門業者は電話かメールで申し込みをすることで自宅まで専門知識のある査定員が来てくれる業者のことを言います。リサイクルショップ等と違い、着物を持っていく手間が掛からず、また査定してくれる査定員が研修を受けたプロであるという事も特徴と言えます。

着物を売る時に少しでも高額で売るために

着物を買取してもらう時に少しでも高く売るためにはどうしたらよいのでしょうか?

まず、1つめに着物の状態というものがあります。着物は湿気に弱いので、なるべく湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。出来れば湿気を寄せ付けない桐たんす箪笥で保管したり、定期的に虫干しをするのがベストです。

2つめに証紙や落款があれば一緒に査定に出すようにしましょう。証紙や落款はその着物が作られた作家や産地を証明するもので、これがある事によって査定金額が大きく変わってくる事も多いです。

あとは、着物の出張買取専門業では着物以外でブランド品や古銭、毛皮等を買い取ってくれる業者も多いので売れるものがあれば用意しておくとよいでしょう。(商品が多くなる事で査定金額を上げてくれる業者は意外と多いです。)

まとめ

今回は着ていない着物を処分する方法についてみていきましたが如何でしたでしょうか?母や祖母から譲り受けた着物や、遺品の着物が実は思いがけなく高額なものだった・・・というケースは実は少なくありません。特に古い着物であれば現在の着物より高価な記事で作られている事も多く、数万~数十万円になる可能性もあります。

家に着ていない着物がある時はゴミに出したりリサイクルショップに出すよりもまずは着物買取専門店で査定してもらうことをおすすめします!