訪問着メイン画像

訪問着は留袖と同じく女性の着る正装の着物とされています。黒留袖は既婚の女性しか着る事が出来ませんが、訪問着は色留袖と同様に未婚の女性でも着ることが出来るため、フォーマルな場以外のちょっとしたお出かけやお稽古にも着ていくことが出来、非常に需要の多い着物となっています。

また、訪問着の特徴として模様が一連続きになっている絵羽模様があり、訪問着を簡略化した着物である付け下げや前述した留袖とはこの模様で見分けることが出来ます。

今回は訪問着をお持ちの方に向けて、訪問着はどこで買い取ってもらうことが出来るのか?という事や、訪問着の買取相場、訪問着を少しでも高く買い取ってもらうコツなどを紹介していきます。

訪問着とは


訪問着は西洋で言うヴィジティングドレスにあたり、大正時代に訪問服という名称でパーティや行事に招待される時に着る着物として名づけられ、明治時代に三越が”訪問着”と命名した事で一気に広まった歴史があります。

当時は準礼装として三つ紋を付けるケースが多かったが現在では一つ紋や紋を付けない場合も多く、
留袖と比べるとおしゃれでカジュアルな着物
として知られています。

訪問着の特徴は”絵羽模様”であり、縫い目で柄が途切れず肩から裾、袖が一続きになるように模様が入っているのが特徴で、広げると1枚の絵画のように見えます。

柄は古典的なものから華やかなもの、現代的な模様まで様々なものがあり、準礼装として様々な場で着る事が出来るため、着物好きであれば何着も持っている方も多い着物です。

訪問着の生地について

訪問着の生地は縮緬(ちりめん)や綸子(りんず)などの高級感のある絹織物がほとんどになります。

生地の種類では縮緬、綸子、緞子、羽二重、紋意匠、紬、絽、紗などがあり、そこに絵羽模様で肩、袖、裾、または全体に文様を置いたものなど、さまざまな訪問着があります。染物作家の個性を生かして描かれた作家物の訪問着も多いです。

通常の訪問着とは別に紬の訪問着というものもありますが、これは戦後に着物を一般により多く広めるために考案されたもので、通常の訪問着とは異なります。紬自体が元々普段着なので、結婚式等の祝い事では着用出来ないとされています。

着なくなった訪問着は売る事が出来る?

着物_疑問
訪問着は留袖よりは格の低い着物になりますが、その分既婚・未婚問わず様々なシチュエーションで着ることが出来ます。結婚式や子供の授業参観、お稽古事や歌舞伎の観劇など、使用場所が多いので訪問着を所有しているという方は多いと思います。しかしお稽古事をやめたり、子供が成人して着る機会が無くなったりという事で着る機会が減ったり、新規で訪問着を買う事もあるかと思います。そうした時に考えなければならないのが前の訪問着をどうするか、という事ですよね。

もちろん着なくなった訪問着を自宅に保管しておくという選択肢もありますが、着物を長期間保管しておく場合スペースも取りますし、着物は保存方法を間違えるとすぐに傷んで使い物にならなくなってしまいます。保管する時は湿気に強い桐たんすの中で保管したり、湿気を取るために年に数回虫干しする必要性があります。

そうした手間を考えると保管しておくのは非常に大変ですが、そんな時に着物を買取してもらうという選択肢が出てきます。着物は現在その価値が改めて見直されていることもあり、中古でも買いたいという方が非常に多いです。自分の大切にしていた訪問着を売る事によってお金も手に入りますし、着なくなったものを必要としている誰かが着てくれるので一石二鳥ですよね。

訪問着を買取してくれるのはどこ?

訪問着は前述した通り既婚・未婚問わず着る事が出来、着物の買取でも需要が多い着物となっています。リサイクルショップや質屋でも訪問着を買い取ってくれるところは多いですが、それらのお店では着物の正しい価値を知っている査定員がおらず、本来の相場より安い金額になってしまう可能性もあります。

訪問着は価値が高く、特に作家物や伝統工芸品であればかなりの高額査定も期待する事が出来ます。訪問着を査定に出す場合は着物買取に力を入れている出張買取の専門店に依頼するのがおすすめです。

>>着物買取専門店のおすすめランキングはこちら

訪問着の買取相場について


では、訪問着の肝心の買取相場はいくらくらいなのでしょうか?
訪問着の買取相場は中古の状態の良いもので1万円前後、未使用の程度の良いもので数万円程が一般的な相場となっているようです。しかし、着物にたくさん種類があるように訪問着にも様々な種類があり、人間国宝の作品や作家者である場合には1着で数十万円、下手をすると数百万円になる事もあるようです。下記はとある着物買取業者の訪問着の買取実績ですが、参考にしてみてください。

※訪問着の種類や買取に出す店舗にとって買取金額が変わってきますので実際の査定金額は査定を依頼して確かめてみるのをおすすめします。

アイテム名 種類 参考買取価格
人間国宝羽田登喜男 叩き染荒波文訪問着 訪問着 50,000円
久保田一竹(くぼた いっちく) 辻が花(訪問着) 訪問着 200,000円
訪問着(紋付) 訪問着 8,000円
無形文化財 阿波藍型染色家「香川卓美」本藍染 訪問着 訪問着 25,000円
羽田登喜男(訪問着) 訪問着 150,000円
由水十久 訪問着:袷(あわせ) 200,000円

訪問着を売却する時の注意点

着物専門店がおすすめ
では、次に訪問着を売却する際の注意点について見ていきましょう。

出来るだけ早く売るようにする

訪問着だけでなく着物全般に言える事ですが、着物を売ろうと思ったらなるべく早く売却するのをおすすめします。
一概には言えませんが、一般的な着物の場合は購入してからの買取期限は約10年間と言われており、それを過ぎると買取自体が出来なくなるという可能性もあります。(※ただし、人間国宝物や作家もの等の価値が非常に高い着物や、骨董的な価値がある着物に至ってはこの限りではありません)
着物は長く保管しているとそれだけ状態は悪くなって傷んできてしまいますので、売る事を考え始めたらなるべく早めに売却するように心がけましょう。

証紙があれば必ず一緒に買取に出す

有名作家が作った訪問着や、有名産地で作られた訪問着には証紙というものが付いてきます。証紙とはその着物が本物であるかを証明するもので、買取価格に大きく影響してきます。
訪問着を購入した際は捨ててしまわないように注意しましょう。

まとめ

今回は着なくなった訪問着をどこで売る事が出来るか?という事や、訪問着の買取相場について書いていきましたがいかがでしたでしょうか?訪問着を売却する時はリサイクルショップやフリマアプリで売るより着物の専門知識を持った査定員がいる着物買取専門店で売るのがおすすめです。訪問着をお持ちで、売却を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。