喪服メイン画像
喪服は、礼服の一種として葬儀や法事といった弔事の場で着用される着物です。
喪服は購入する際は結構な値段がするため、買取でも高く売れるのではないかとお考えの方も多いのではないでしょうか。
今回は喪服の着物買取の買取相場や、喪服が一番高く売れる業者についてまとめてみました。

喪服は買取が難しい

いきなり核心をついてしまいますが、着物買取の業界の中で喪服は買取がもっとも難しい部類にはいります。
着物の買取において買取額は着物の需要に伴い変わります。喪服の場合、着用する場面が限られていることや、若い人を中心に着る機会が少なくなっている事から、極端にニーズが少ない着物になっているのです。
そのため、「数十万円で購入した喪服なのに査定額がつかなかった…」なんてことが多いわけです。喪服に値段がつかないことは業界の中での一般認識でもあります。
しかし、どの着物買取業者も喪服を買い取ってくれないというわけではありません。

喪服を買い取ってくれる業者も存在する

喪服の買取は難しいと前述しましたが、買取業者によっては喪服でも喜んで買取をしてくれる場合があります。
そんな買取業者の特徴は以下の通りです。

  • 地域ローカルの着物販売店
  • 海外にマーケットを持った着物買取業者

地域に根付いた着物販売店やリサイクルショップでは、以外にも喪服に値段がつくケースがあります。急遽喪服が必要になった人が駆け込んできた際などに対応出来るように、お店側もそういった商品を備えておく必要があるわけです。

また、海外に販路を持った買取業者でも高く売れる場合があります。日本が観光地として注目を集めるようになって以来、海外では着物文化が注目されており、着物を積極的にに輸入する企業も多くなっています。喪服はその黒いスタイリッシュなデザインからファッションの1つとして着用されることも多く、海外の着物ファンにはコレクションの一部として注目されているわけです。文化が違うからこそとも言えますね。

喪服の買取相場・どこが一番高く売れる?

ニーズが少ないく、買取も難しい喪服ですが、どこで売るのが一番高く売れるのでしょうか。
売る方法別に買取相場をまとめてみました。

リサイクルショップの買取相場

リサイクルショップでは比較的喪服の買取をしてくれるちんぽが多いですが、買取額にはあまり期待が出来なさそうです。
私が調べた範囲で買取相場は100~2,000円ほどで、ブランドがある着物意外はほとんど数百円程度で買い叩かれるケースが多いようです。
手っ取り早く喪服を処分するには良いですが、少しでも高く売りたい方にはおすすめは出来ないですね。

ネットの着物買取業者

ネットの着物買取業者の大手などは海外にも販路を持っており、上記のリサイクルショップと比べると少し高めに買取がされるようです。
数社の買取実績を調査した結果、買取相場はノーブランドの喪服で一着で100~1,000円程度です。ノーブランドの喪服に関してはリサイクルショップと大きく変わりませんね。
しかし、ブランド品になると数千円で買取がされることもあり、喪服の買取額はほぼブランド名と相関していることがわかりました、(ブランド名についてもっと詳しく
ブランドの喪服に関してはしっかりとした目利きの査定員に鑑定してもらう必要があるため、高価な喪服は着物の専門買取業者に依頼するのが一番良いでしょう。

オークション

喪服は突発的な需要があるため、ネットオークションでの取引も盛んです。
オークションやフリマアプリでの喪服の買取相場はブランドに関わらず、500~3,000円程度です。
「とりあえず着れれば良い」という考えから、ブランドなどに固執はしておらず、ノーブランド品でも比較的高く売ることが出来ます。裏を返せば高価な喪服は安く買い叩かれてしまうということなので、注意してください。

まずは専門の買取業者で査定がおすすめ

喪服の場合オークションやフリマアプリでの個人間の取引が最も高く売れそうですが、個人的にまずは専門の着物買取業者で査定をしてもらうことをおすすめします。というのも、オークションでの喪服の買取の場合、双方が専門的な知識がない状態での取引になるため、万が一喪服に価値があった場合に安く買い叩かれてしまうリスクがあるためです。

「この喪服には価値がない…!」と言い切れる方にはオークションでの出品を推奨しますが、そうでない方はまず着物買取業者で査定額を出してもらってから出品を考えた方が良いです。査定額が低ければオークションでの出品に切り替えれば良いだけですからね。少しだけ手間がかかりますが、損をしないやり方なのでおすすめです。私もそのやり方でいつも買取をしています。笑

まとめ

喪服の買取についてまとめましたが、現状ニーズのない喪服の買取はあまり期待が出来ないと考えた方が良さそうですね。
着物の買取では、その時代の需要に伴い価値の上がる着物の種類やデザインが決まりますが、喪服の場合は着用するシーンも限られてくるため、なかなか値段がつきづらいのが現実です。
しかし、全く買取が出来ないというこではなく、比較的喪服に強い業者が存在するのも事実です。

ただ捨てるだけではもったいない喪服、この機会に専門の買取業者に依頼してみてはいかがでしょうか。