留袖を着る女性

今回は留袖の買取相場や売る時に気を付けたいポイントについて説明していきます。

着物には色々な種類がありますが、その中でも留袖は高価買取が期待できる着物になります。もちろん中古という事もあり購入時より価格は下がってしまいますが、留袖は着物の中でも最も格式が高い着物に該当するため、高値の買取も期待する事が出来ます。

この記事を見ている方は留袖をお持ちの方が多いと思いますが、今回は留袖の買取相場や高く売る方法などについて記載していきますので、留袖の買取店を探している方はぜひ参考にしてみてください。

留袖とは

留袖は着物の中でも一番格が高い第一礼装の着物になります。第一礼装とは結婚式等の人生の節目となる大切な日に着る着物の事で、海外でいうアフタヌーンドレスやイブニングドレスに該当します。
留袖は訪問着と似ていますが、訪問着は上半身にも絵羽模様が入っているのに対し、留袖は裾にのみ絵羽模様があるのが特徴となっており、上半身に絵羽模様は入っていません。

また、留袖は両袖裏と背中、両胸に紋が入っているのが特徴で、色留袖の場合はこの紋の数によって着物の格が変わってくる形になります。

留袖の歴史

留袖という言葉は”着物の袖を短く詰めて留める”というところから由来しています。結婚してその家に留まるという意味もあり、前述した通り現在では既婚女性の第一礼装として有名な着物となっています。
留袖はもともと江戸時代に既婚と未婚の娘を区別するために考案された着物です。腕を動かすとひらりと優雅に着物が揺れる振袖は未婚女性の可愛らしさや無邪気さを現し、反対に留袖は既婚女性として成熟した大人の女性という事を示すものと考えられていました。ただし、江戸時代には現在のように第一礼装という意味はなく、士農工商関係なく結婚した後は女性は留袖を身に着けていたようですね。

黒留袖とは

黒留袖
黒留袖は結婚式や披露宴に出席する新郎新婦の母親や、ミセスの親族が着る着物になります。
上半身に模様が入っていないのが特徴で、裾に縁起の良い模様が入った祝儀用の特別な着物になります。
黒留袖は通常は黒字の着物に5つ紋(背中中心、両袖裏、両胸前)を入れ、比翼仕立てと言われる2枚重ねたように見える形式になっています。

色留袖とは

色留袖
色留袖は黒留袖の次に格式が高い着物となっており、地色が黒以外の留袖のことを指します。
黒留袖とは違い、結婚していない女性も着ることが出来るのが特徴です。

色留袖は紋の数によってその格式が変化し、五つ紋を入れると黒留袖と同じランクになり、よりフォーマルな場で着る着物となります。

結婚式で親族が色留袖を着用する場合は五つ紋か三つ紋の入ったものを基本的に着用します。略式とされる三つ紋や一つ紋の色留袖は格式の高い祝賀パーティーやお茶会等で使用されることが多いようです。

留袖買取の相場


では、早速留袖の買取相場についてみていきましょう。留袖に限らず着物の買取金額はその時の需要によって変動します。色留袖は結婚していない女性も着ることができる着物のため近年では振袖の代わりに着る女性も増えており、買取価格が上昇しています。

需要によって買取価格は変動する

色留袖は黒留袖と違って未婚の女性も着る事が出来るため、振袖よりも色留袖を着る女性も増えてきていると言われています。

また、最近の女性は身長が高く、手足も長いので裄丈(ゆきたけ)と言われる腕の長さが比較的長めの留袖の方が需要が多く、高価買取になりやすいです。逆に、サイズの小さい留袖ですと着られる方も限られてくるので、買取価格が低くなりケースが多いです。

留袖の実際の買取相場は3,000円~200,000円以上

人間国宝や有名作家の人の作品や伝統工芸品の留袖であれば1着で10万円以上の買取価格が付く事もありますが、通常の黒留袖や色留袖であれば買取金額は3,000円~数万円程と様々です。

着物買取専門店であれば着物の種類によって高価買取出来る得意分野があるケースもあるので、思わぬ高額査定になる事も。

ここで着物の出張買取で人気の会社であるバイセルでの留袖の買取実績をいくつか見ていきましょう。
留袖買取価格

本加賀友禅の留袖や、京友禅の着物であれば5万円~15万円以上の高額査定を狙える可能性もあるようです。

留袖買取価格その2

黒留袖だけでなく、色留袖も当然買取対象です。上記のように有名作家物や状態が良いものであれば数万円以上の査定も十分狙えそうです。一方で無名作家物でも状態さえ良ければ1,000円~3,000円程で買い取ってもらえる可能性も十分あるようです。

留袖を売るならどこが良いか

では、留袖を売るならどこが良いのでしょうか?選択肢を1つずつ検討していきましょう。

リサイクルショップ

まずは身近なところで地元にあるリサイクルショップで買い取ってもらうという選択肢があります。リサイクルショップで売る事のメリットはなんといってもその手軽さで、地元にお店がある場合は持っていくだけですぐに売る事が出来ます。リサイクルショップで売る事のデメリットとしては、着物の専門の知識を持った店員さんがいる可能性は限りなく低いので、査定金額が安く付いてしまうといったことがあります。

ネットオークション

また、ネットオークションで売るという選択肢もあります。ネットオークションにはヤフーオークションやモバオク、楽天オークション等があり、誰でも登録して商品を出品することができます。
ネットオークションのメリットは直接落札者に売る事が出来るので、比較的高値で売る事が出来るという点があります。ただし、デメリットとして出品する際にきれいに画像を撮らないと落札金額が安くなってしまったり、『思っていた商品と違う』等のクレームを落札者からもらってしまい、トラブルになる事もあるのであまりおすすめは出来ません。

インターネットの着物買取専門店

最近ではインターネットで申し込める着物の出張買取専門店が人気を高めてきています。どんなお店かというと、インターネットか電話で申し込むだけで自宅まで着物に詳しい査定員が来てくれて、その場で現金買取してくれるお店です。
前述した通り、近所のリサイクルショップでは着物に詳しい査定員がいる可能性はほぼ0に近いですが、インターネットの出張買取専門店なら着物を熟知した査定員が来てくれるのでタダ同然の価格になってしまった…というリスクを避ける事が出来ます。

留袖を売るなら着物の専門店がおすすめ

着物専門店がおすすめ
留袖をはじめ、着物は専門家でないと正確な価値を算定する事は難しいです。近所のリサイクルショップでは着物の正しい価値を知っている店員がいる事は稀なので、二束三文の査定になってしまったという話が後を絶ちません。

留袖を売るなら着物買取専門店が圧倒的におすすめです。現在では電話1本で査定員が自宅まで着物を査定しに来てくれるサービスがたくさんあるので、留袖の買取を検討している方はぜひ一度お問合せしてみては如何でしょうか。

>>おすすめの着物買取業者ランキングはこちら

留袖買取まとめ

今回は留袖の買取相場や高く売る方法について書いていきましたがいかがでしたでしょうか?留袖は高価買取が期待できる着物ですが、リサイクルショップやネットオークションで売ろうとすると相場よりも安く買い取られてしまったり、トラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。そういった事を避けるために、専門の知識を持った査定員が在籍している着物買取専門店で買取してもらうようにしましょう。