着物買取シミメイン画像
着物を買取に出す際に気になるのが着物についたシミや汚れ。気をつけて保存していたつもりでも、引き出しから出してみたら埃をかぶって汚れていたなんてことがあると思います。「頑固なシミや汚れが付いている着物は売れないのではないか」そんな疑問にお答えしたいと思います。

シミや汚れがついた着物は値段がつきにくい?

結論から言うと、汚れやシミのある着物は高く売れないことが多いです。買取がされた着物は基本的に消費者に売られることになるため、汚れが目立つ着物はクリーニング等の費用がかかるため、綺麗な着物と比べ買取額が低くく傾向があります。業者としても買い取ってからコストのかかる着物は買取をしたくないですからね。しかし、条件によっては、汚れのついた着物でも高く買い取ってくれる場合があります。

シミや汚れは査定額に影響がない?

着物の買取の際に鑑定師が注目している点として、以下の項目があります。

  • 仕付糸が付いているか
  • 証紙があるか
  • 汚れ、カビ、柄が古いのはつきにくい
  • 着物のブランド
  • トレンドにあったデザイン科

汚れも注目はされていますが、業者がクリーニングに出せば落ちることが多いため、汚れがついているからといって買取を拒む業者はないでしょう。

それ以上に、仕付糸や着物の証紙といった部分や、着物のブランドが買取額に大きく直結する部分になります。そのため、汚れやカビは買取額に大きく影響する要因とは言えないのです。そのため、多少の汚れやシミであれば手を加えないまま買取に出してしまっても問題がないと言えます。

汚れのついた着物を自分でクリーングに出すのは注意!

とはいえ、汚れやカビは着物の買取額に多少関係してきます。着物を売ろうとしている方の中には、自分で着物をクリーニングに出してから買取に出そうと考えている方もいるかもしれません。
しかし、少しでも高く着物を買い取ってもらえるように、シミや汚れのある着物を自分でクリーニングに出す方がいますが逆効果なので絶対にやめましょう。町のクリーニング屋で着物をクリーニングに出すと、生地がよれたり仕付糸が外れるなど、着物がさらに傷んでしまうケースがあります。そうなった場合着物の修復は困難になり、高値での買取は難しくなります。クリーニング代まで支払って、着物が売れなくなったら勿体ないですよね。
そのため、汚れやシミがあってもそのまま買取に出してしまう方がよいと言えます。大手の買取業者であれば、専門のクリーニング業者と提携していたり、社内にクリーニングの部門を抱えている場合があり、クリーニング自体に大きなコストがかからないため、シミや汚れが査定額のマイナス要因とはならないケースもあります。

シミや汚れのついた着物を売る際に気をつけるポイント

シミや汚れのある着物を売る際には、特に気をつけなければいけないポイントが2つあります。
これさえ気をつければ、買取額を大幅に上げることができるかと思います。

着物の生地の種類を確認

代表的な着物の生地の種類として以下のものがあります。

  • 正絹
  • 木綿
  • ポリエステル
  • ウール

シミや汚れのついた着物でも査定額に大きな影響がないと言いましたが、着物の格や種類によっては買取が難しくなってしまうケースもあるのです。(混乱させてしまいすみません)
基本的に、洗うと劣化してしまう生地は、シミや汚れがついた場合査定額は大幅に下がったり、価値がつかないことが多いです。上記の生地でいうと、麻やウール生地の着物が該当します。

逆に正絹やポリエステルは洗える生地であるため、シミや汚れがあっても買取額にはそこまで変化はありません。しかし、ポリエステル生地の着物はそもそもの買取額が低いため、汚れがついている場合は買取額には期待ができないと思います。

業者選びが一番大切です

シミや汚れのついた着物を高く買い取ってもらうには、やはり「どこで売るか」が一番大切になります。シミや汚れのある着物の場合、買取額が低くなる要因として一番大きいのが「クリーニング費用」です。着物は繊細なため、着物専用のクリーニングが必要になります。このクリーニング費が差し引かれるために、シミや汚れのついた着物は買取額が下がります。そのため、「シミのある着物を買取に出したけど、街の呉服屋では値段がつかなかった!」という方が多いのです。

しかし、大手の着物買取専門店であれば自社でクリーニング施設を抱えていたり、外部のクリーニング業者と特別に提携を結んでいたりするので、クリーニング費を抑えることができるため、買取額には大きく影響をしないことがほとんどなのです。実際に比較してみたことがありましたが、まず値段がつかないということはありませんでした。シミや汚れのついた着物を買い取ってもらう際には、なるべく大手かつ切手を専門としている業者に依頼をすることが、高く買い取ってもらうために大切なことになります。

まとめ

シミや汚れのついた着物にも買取額がつきますが、少しでも高く売るためには「着物の買取に強い業者選び」が大切になります。