着物買取相場
今回は着物買取の相場と価格について説明していきます。祖母から着物を譲り受けたが着る機会が無い…成人式で着物を一度着たきり箪笥の肥やしになっている…等、家で使っていない着物が箪笥にしまわれたままになっている方は日本ではとても多いそうです。折角高価な着物でも、眠ってしまっていては勿体無いですよね。今回は家にしまってある着物を売るとどの程度の値段になるのか?について説明していきます。

着物買取とは何か

着物買取とは、家で眠っていて使っていない着物を売る事が出来るサービスのことを言います。着物を売る場所は意外とたくさんあり、リサイクルショップ等で取り扱っている場合もありますし、リユース着物専門店でも買取してもらえる可能性が高いです。

また、最近では出張買取をメインで行っている着物買取専門店にもかなり問い合わせが集まっています。着物の出張買取サービスとは、申し込みするだけで査定員が自宅に着てくれて、着物を査定・買取してくれるサービスの事を言います。家にいるだけで買取しに来てくれるなんて、なんだか夢のようなサービスですね。

訪日外国人の増加も着物買取の需要を後押し

訪日外国人増加
TVや新聞などのニュースで取り上げられる通り、現在は訪日外国人が増加しています。着物はある意味『日本の文化の象徴』として海外の方からも親しまれています。

海外の方向けの着物の通販サイトも増えていますし、浅草や銀座などのリユース着物ショップには外国の方も多く訪れています。こうした海外の方への需要増も今日の着物買取の人気増にも繋がっているといえます。

リサイクルショップと着物買取専門店の違い

比較
着物を売る時にまっさきに思いつくのが近所にあるリサイクルショップで売る事かと思いますが、最近では出張買取を行う着物買取専門店も増えてきました。その2つの違いを見ていきましょう。

リサイクルショップ

リサイクルショップのいいところはたくさんの品目を扱っており、おおよそどんなものでも売れる、という事があるでしょう。ただし、どんなものでも買い取れる反面着物の査定に詳しい専門家がいるケースはほとんどないので、本当は高額査定になる着物も二束三文の買取金額になってしまう可能性もあります。

着物の出張買取専門店

着物買取専門店の良いところはなんといっても着物に詳しい専門家が査定してくれる、という事が挙げられます。着物は持ち主でも思っていないような価値が付く事があり、その正確な値段は専門家でないと算定するのは不可能です。着物買取専門店であれば着物の査定に詳しい査定員がいるため、リサイクルショップより高値で買い取ってもらえる可能性は高いです。

一方でリサイクルショップのように様々な商品を扱っているわけではないので、場合によって使い分けるのをおすすめします。

着物買取の相場を知ろう


では、実際に着物を売った時にいくらくらいになるのでしょうか?
大切にしていた着物ですから、一体いくらくらいの価値があるのか気になるところですよね。着物を売る前に種類ごとの相場をおおよそ把握しておく事で、想像と違った…というギャップを防ぐことが出来ます。

まず、着物を実際に売る時に、高値になりやすい種類には下記のようなものがあります。

高価買取が期待できる着物
    • 作家物
    • ブランド物の着物
    • 留袖(黒留袖・色留袖)
    • 訪問着
    • 付け下げ
    • 友禅(加賀友禅・京友禅・東京友禅・十日町友禅等)

着物は状態によって買取金額が大きく変わりますが、上記の種類の着物であればそれなりに高い金額の査定になる可能性は高いといえるでしょう。

また、上記の種類の着物のおおよその相場は下記の通りになっています。

商品 金額
作家物(有名作家物,人間国宝) 4,000円~800,000円
留袖(黒留袖,色留袖) 3,000円~200,000円
振袖 3,000円~300,000円
訪問着 3,000円~600,000円
付け下げ 3,000円~300,000円
友禅 4,000円~500,000円
色無地 1,000円~60,000円

上記はあくまで目安ですので、参考程度にしてください。出張買取専門店では査定料が無料なところが多いので、一度査定してもらうのをおすすめします。

当サイトの他ページで主要な着物の種類の買取相場を掲載していますのでぜひ参考にしてみてください。




帯や和装小物の買取相場

次に帯や和装小物の買取相場について見ていきましょう。着物買取専門店では帯や和装小物も買い取ってもらえるところが多いです。また、気になる相場に関しては帯であれば名古屋帯や袋帯等は高価買取になりやすい傾向にあり、着物と同様に作家物や伝統工芸品であれば他の帯よりも高値での査定が期待できるでしょう。

上記と反対に丸帯や半幅帯は買取金額がやや低くなる傾向にある事も頭に覚えておくと良いかと思います。

和装小物に関しては帯と比較すると買取金額は低くなってしまうケースが多いですが、老舗呉服店のバッグや草履、帯締めや帯留め等は買い取ってもらう事が出来るケースもあるようです。

帯や和装小物のおおよその相場と価格は下記のようになっています。

商品 金額
名古屋帯 500円~300,000円
丸帯 500円~300,000円
袋帯 1,000円~100,000円
半幅帯 500円~150,000円
和装小物 100円~50,000円

高く売れる着物の条件

次に高く売れる着物の条件を見ていきましょう

1.新品もしくは汚れやシミが無い

新品の着物

着物以外の洋服を売る場合と同様で、新品であるかどうか?また、中古品であってもシミや汚れが無いか?は金額の査定に大きく影響してきます。

着物買取で着物を売る場合、主に使用したものを売る事が多いとは思いますが、着物愛好者の方やコレクターの方が売る場合、新品の状態で売る事もあるかと思います。新品の場合は当然ながら査定金額に大きく+になります。

2.作家物や伝統工芸品である


伝統工芸とは、日本で長年受け継がれてきた技術が用いられる工芸品の総称をいいます。
全国には伝統工芸とされるものが約1,300種類以上あり、いずれも卓越した技術を持つ職人が作成したものです。
古い歴史を持つ着物には伝統工芸品に該当するものがあり、鹿児島県奄美大島の本場大島紬や、沖縄の琉球紅等がこれに該当します。

上記のような伝統工芸品に該当する着物は希少性があり、着物作家という染めや織りの技法を持つ作家の着物や帯は高い査定金額が付く可能性が高いです。

3.素材が正絹・綿・麻である


また、着物の素材が何で出来ているか?も査定の結果を決める大切な要素の1つです。着物が作られている素材は主に正絹(絹)・麻・綿・ウール・ポリエステルという5つの生地素材があり、この中で高額査定になりやすい種類は正絹(絹)・麻・綿で出来た着物になります。

なぜこの3種類が高価買取になる可能性が高いかというと、

反対にウールやポリエステルの着物だとほとんど価格が付かない・・・といったケースも多いです。

上記のような着物であれば高額査定が期待できる可能性も高いです。

着物の査定金額を下げるマイナスポイント

1.シミやしわ、汚れがある


着物は衣類なので、どんなに注意していても着用するたびに少しずつしわや汚れが蓄積していきます。それ自体は避けられない事なので仕方ないのですが、お手入れに注意するだけで着物を売った時に査定額に雲泥の差が出てきます。

着物を着る時は売却するときの事も考えて、お手入れには気を遣うようにしておきましょう。

2.証紙や落款がない


証紙や落款は着物の産地や作家物が本物である事を証明するものです。新品で伝統工芸品や作家物を購入した時は必ずこの証紙や落款が付いてきます。

高額な着物を査定する時に査定士がまずチェックするのはこの証紙や落款があるかどうかという事なので、着物を購入した際にはこの証紙や落款は捨てずに取っておくようにしましょう。

大量生産された着物である場合

大量生産された着物や帯
近年着物の生産技術は格段に向上しており、今まで数十万円~数百万円でしか購入できなかった着物が格段に安く購入できるようになりました。しかし、そういった着物は手織りで無く機会織りで作られており、買取価格が低くなったり、最悪の場合値段が全くつかないという事もあるようです。

プロが教える!着物を高く売るための3つのポイント

まんがく屋着物買取メイン画像

ポイント1:着物は少しでも良い状態で

着物は衣類ですので、一度でも袖を通すと汗や汚れが付着します。汗などのシミは水で絞ったタオルでよくふき取り、その後風を通しておきます。

※着物は一度着たら風を通して汗や湿気を取るようにすると良いでしょう。

風を通した後はたとう紙に包んで箪笥に保管しておくのが基本ですが、箪笥に長く入れているとカビの原因になりますので、空気を定期的に入れ替えたり、虫干しするようにしましょう。湿気に強い桐箪笥に保管するにも良い状態を保つためには効果的と言われています。

ポイント2:着物のサイズも査定額に影響

着物のサイズも査定金額に影響する1つの要素と言われています。昔の人に比べて現在の女性は身長が高く、手足も長いので基本的にサイズの大きい着物の方が高額査定になりやすい傾向にあります。

現在の需要の高さで言うと150cm前後のものが好ましく、それより大きいものであっても丈詰めする事で調整できるので大きい分には全く問題ないです。

反対に子ども用のものであったり140cm未満のものは極端に需要が少なくなってしまうので、若干買取金額は安くなる可能性があります。

ポイント3:証紙や落款は忘れずに提示

売る着物が作家物や伝統工芸品の場合は特に注意しなければいけないところですが、購入した際の証紙や落款は忘れずに提示するようにしましょう。

証紙や落款はその着物が本物の作家物や伝統工芸品であることを証明する物ですが、これがあるとないとでは10倍ほど査定金額が変わるケースもあるそうなので、着物を購入した時は捨てないように注意しましょう。

ポイント4:帯や和装小物も一緒に査定に出す

帯や和装小物は着物と違ってどうせ買取出来ないだろうし…と思っていませんか?着物買取専門店では帯や着物も買取対象としているところが多いですし、着物とセットにする事によって買取価格が上乗せされるケースもありますので、帯や和装小物がある場合は一緒に査定に出すようにしましょう。

ポイント5:着物を売るなら専門店で

着物はブランド品等と比べて相場や価値を算定するのは難しく、リサイクルショップや質屋で売ると本来の相場価格よりもかなり安い金額で売る事になってしまったり、場合によっては買取不可になってしまうケースもあるかと思います。

当サイトで紹介しているバイセルや買取プレミアム、福ちゃんなどの着物に詳しい査定員がいる専門店であれば上記のようなケースを避ける事が出来るので、着物を売る時は専門店に査定に出すのをおすすめします。

着物買取の相場まとめ

今回は着物買取の相場と価格について説明していきましたが如何でしたでしょうか?今回の記事のポイントをまとめると下記のようになります。

今回の記事のポイント

・作家物や伝統工芸品は高額査定になる可能性大
・サイズは大きい方が査定額が上がる
・正絹や麻、綿の着物は査定額が上がる
・証紙や落款は忘れずに査定に出す
・着物は専門店で売るようにする

着物買取サービスを利用することによって家に眠っている着物のスペースを空ける事が出来ますし、使っていない着物をお金に換える事も出来ます。また、自分の大切にしていた着物を別の誰かが大切に着てくれるので、売り手にとっても買い手にとってもWin-Winのサービスと言う事が出来るでしょう。
この記事を参考にして、家に眠っている着物を少しでも高く査定してもらうようにしてみてくださいね。