着物の中古買取相場はどれくらい?

国内に40兆円分の埋蔵在庫があるとも言われる着物。最近では着物の買取を専門に取り扱う業者も増えていて、古い着物の処分に買取サービスの利用を検討する方も多いようです。

着物は種類にもよりますが購入するときには数十万円というお値段となることも珍しくありません。

なんとなく「高く売れるのでは?」というイメージがある着物ですが、実際にはどの程度の額で買取が行われるのか気になるところですよね。

そこで今回は、着物買取における相場価格をまとめましたので、ぜひご利用前に把握しておきましょう。また少しでも高く売るためのコツも合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

はじめに:着物買取で値段がつきやすい着物を知っておきましょう

値段が付きやすい着物について

買取相場価格の紹介に入る前に、そもそも着物買取ではどのような着物が買取対象となるのか、そして値段が付きやすいのかをお伝えします。

基本的に買取業者によって買取対象の着物、値段の付きやすい着物に大きく変わりませんので、実際に買取を使ってみて全く値段が付かなかった…といったケースを避けるためにも売れる着物を知っておきましょう。

値段の付きやすい着物・和装品

【着物】
留袖、色留袖、振袖、訪問着、付下げ・小紋・色無地・袖
【帯】
丸帯、袋帯、名古屋帯、京袋帯、単帯、半幅帯
【和装小物】
反物、帯締め、帯留、草履、扇子、バッグ、巾着、かんざしなど

基本的に上記に該当する着物であれば概ね全ての業者が買取対象としています。これに加えて、業者によっては浴衣や喪服、七五三着物、兵児帯といったアイテムにも値段をつけることができます。

ただし上記に該当する着物であっても、ウールやポリエステルの着物、極端なシミや汚れがある着物だと買取不可となることもあります。

確実に買い取ってもらいたいという場合には、事前に電話などで利用予定の業者に確認しておくことをおすすめします。

一般的な着物・帯・和装小物の買取相場

それでは次に本題である着物の買取相場について解説していきます。なお大前提として着物の買取相場は、作家作品や有名産地、有名百貨店ブランドなどの高級着物と、無銘(ノーブランド)の着物で買取価格が大きく異なる傾向があります。

まずは比較的所有している方も多い一般的なノーブランド着物の買取相場を見ていきます。高級着物の買取相場は次項で詳説していますので、高級着物の売却を検討中の方は飛ばしてみてください。
▶︎高級着物の買取相場

【一般的な着物の買取相場】

種類 買取相場
訪問着 6,000円~22,000円
振袖 8,000円~40,000円
付け下げ 3,000円~12,500円
色留袖 8,000円~12,000円
黒留袖 6,000円~12,000円
小紋 3,000円~7,500円
色無地 3,000円~5,000円

「ご自宅の片付けや遺品整理で古い着物を見つけた」「昔仕立てたものだけどブランドは不明」といったケースであれば、おおよそ上記範囲の買取価格が提示される可能性が高いでしょう。

【帯・和装小物の買取相場】

種類 買取相場
袋帯 ~7,000円
名古屋帯 ~5,000円
丸帯 ~4,000円
半幅帯 ~4,000円
羽織・道中着・道行 2,000円~10,000円
長襦袢 ~2,500円
和装小物(帯締・帯留・簪など) ※金、銀、珊瑚、鼈甲、象牙、翡翠、白檀など素材に応じて算出
反物 ~6,000円

無銘の帯や和装小物でも、高額買取の可能性は十分にあります。特に簪や帯留などの和装小物は、金、銀、珊瑚、鼈甲、象牙、翡翠、白檀といった高級素材が使われていることも多いので、高額査定に期待ができます。

高級着物の買取相場

高級着物の買取相場

次に作家作品や有名産地の着物、老舗ブランドなど高額買取となることも多い高級着物の買取相場をご紹介します。

なおご存知の方も多いとは思いますが、

作家作品であれば下前の衽、裾から1尺5寸前後に「落款(らっかん)」が捺され、

有名産地の着物であれば品質を証明する「証紙」が付属していることが多いので、ぜひ探してみてください。

落款と証紙
落款(上)もしくは証紙(下)がある着物は高額買取に期待!

ちなみに後述しますが、「証紙」の有無は買取価格に影響しますので、着物と一緒に仕舞ってある場合は大切に保管しておきましょう。

【有名産地・作家作品の買取相場】

名称・作家名 買取相場
大島紬 ~200,000円(※品質により大幅に上下します)
芭蕉布 ~150,000円
牛首紬 ~80,000円
結城紬 ~100,000円
塩沢紬 ~35,000円
越後上布 ~90,000円
宮古上布 ~100,000円
久留米絣 ~130,000円
羽田登喜男 ~250,000円
久保田一竹 ~300,000円
由水十久 ~200,000円
龍村平蔵 ~180,000円
北村武資 ~150,000円
百貫華峰 ~130,000円
志村ふくみ ~130,000円

人間国宝にも指定されるような有名作家作品や、三代紬のように有名産地の着物であれば高額買取に十分期待していいでしょう。

逆に作家作品や有名産地の着物にも関わらず安い金額が提示された場合には、必ず査定額の理由を尋ねるようにしましょう。業者の中には買い叩こうとする悪質業者もいますので注意が必要です。

なお下記一覧ページより着物の種類ごとの買取についてさらに詳細に知ることができますので、お時間ある方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

▶︎着物の種類別買取相場

高く売れる着物の条件

ここまで着物の買取相場についてご紹介してきましたが、実際の査定では以下のポイントも加味して買取価格が決定されます。

次に査定においてプラス評価に働く着物の特徴を見ていきましょう。

1.新品もしくは汚れやシミが無い

新品の着物

着物以外の洋服を売る場合と同様で、新品であるかどうか?また、中古品であってもシミや汚れが無いか?は金額の査定に大きく影響してきます。

着物買取で着物を売る場合、主に使用したものを売る事が多いとは思いますが、着物愛好者の方やコレクターの方が売る場合、新品の状態で売る事もあるかと思います。新品の場合は当然ながら査定金額に大きく+になります。

2.作家物や伝統工芸品である

宮古上布の浴衣
伝統工芸品とは、日本で長年受け継がれてきた技術が用いられる工芸品の総称をいいます。

全国には伝統工芸とされるものが約1,300種類以上あり、いずれも卓越した技術を持つ職人が作成したものです。古い歴史を持つ着物には伝統工芸品に該当するものがあり、鹿児島県奄美大島の本場大島紬や、沖縄の琉球紅等がこれに該当します。

上記のような伝統工芸品に該当する着物は希少性があり、着物作家という染めや織りの技法を持つ作家の着物や帯は高い査定金額が付く可能性が高いです。

3.素材が正絹・綿・麻である


また、着物の素材が何で出来ているかという点も査定の結果を決める大切な要素の1つです。

着物が作られている素材は主に正絹(絹)・麻・綿・ウール・ポリエステルという5つの生地素材があり、この中で高額査定になりやすい種類は正絹(絹)・麻・綿で出来た着物になります。

一方新品でも安価で仕立てられるウールやポリエステルの着物だとほとんど価格が付かない…といったケースも多くなります。

着物の査定金額を下げるマイナスポイント

1.シミやしわ、汚れがある


着物は衣類なので、どんなに注意していても着用するたびに少しずつしわや汚れが蓄積していきます。それ自体は避けられない事なので仕方ないのですが、お手入れに注意するだけで着物を売った時に査定額に雲泥の差が出てきます。

着物を着る時は売却するときの事も考えて、お手入れには気を遣うようにしておきましょう。

2.証紙や落款がない


証紙や落款は着物の産地や作家物が本物である事を証明するものです。新品で伝統工芸品や作家物を購入した時は必ずこの証紙や落款が付いてきます。

高額な着物を査定する時に査定士がまずチェックするのはこの証紙や落款があるかどうかという事なので、着物を購入した際にはこの証紙や落款は捨てずに取っておくようにしましょう。

大量生産された着物である場合

大量生産された着物や帯
近年着物の生産技術は格段に向上しており、今まで数十万円~数百万円でしか購入できなかった着物が格段に安く購入できるようになりました。しかし、そういった着物は手織りで無く機会織りで作られており、買取価格が低くなったり、最悪の場合値段が全くつかないという事もあるようです。

プロが教える!着物を高く売るための3つのポイント

まんがく屋着物買取メイン画像

ポイント1:着物は少しでも良い状態で

着物は衣類ですので、一度でも袖を通すと汗や汚れが付着します。汗などのシミは水で絞ったタオルでよくふき取り、その後風を通しておきます。

※着物は一度着たら風を通して汗や湿気を取るようにすると良いでしょう。

風を通した後はたとう紙に包んで箪笥に保管しておくのが基本ですが、箪笥に長く入れているとカビの原因になりますので、空気を定期的に入れ替えたり、虫干しするようにしましょう。湿気に強い桐箪笥に保管するにも良い状態を保つためには効果的と言われています。

ポイント2:着物のサイズも査定額に影響

着物のサイズも査定金額に影響する1つの要素と言われています。昔の人に比べて現在の女性は身長が高く、手足も長いので基本的にサイズの大きい着物の方が高額査定になりやすい傾向にあります。

現在の需要の高さで言うと150cm前後のものが好ましく、それより大きいものであっても丈詰めする事で調整できるので大きい分には全く問題ないです。

反対に子ども用のものであったり140cm未満のものは極端に需要が少なくなってしまうので、若干買取金額は安くなる可能性があります。

ポイント3:証紙や落款は忘れずに提示

売る着物が作家物や伝統工芸品の場合は特に注意しなければいけないところですが、購入した際の証紙や落款は忘れずに提示するようにしましょう。

証紙や落款はその着物が本物の作家物や伝統工芸品であることを証明する物ですが、これがあるとないとでは10倍ほど査定金額が変わるケースもあるそうなので、着物を購入した時は捨てないように注意しましょう。

ポイント4:帯や和装小物も一緒に査定に出す

帯や和装小物は着物と違ってどうせ買取出来ないだろうし…と思っていませんか?着物買取専門店では帯や着物も買取対象としているところが多いですし、着物とセットにする事によって買取価格が上乗せされるケースもありますので、帯や和装小物がある場合は一緒に査定に出すようにしましょう。

ポイント5:着物を売るなら専門店で

着物はブランド品等と比べて相場や価値を算定するのは難しく、リサイクルショップや質屋で売ると本来の相場価格よりもかなり安い金額で売る事になってしまったり、場合によっては買取不可になってしまうケースもあるかと思います。

当サイトで紹介しているバイセルや買取プレミアム、福ちゃんなどの着物に詳しい査定員がいる専門店であれば上記のようなケースを避ける事が出来るので、着物を売る時は専門店に査定に出すのをおすすめします。

着物買取の相場まとめ

今回は着物買取の相場と価格について説明していきましたが如何でしたでしょうか?今回の記事のポイントをまとめると下記のようになります。

今回の記事のポイント

・作家物や伝統工芸品は高額査定になる可能性大
・サイズは大きい方が査定額が上がる
・正絹や麻、綿の着物は査定額が上がる
・証紙や落款は忘れずに査定に出す
・着物は専門店で売るようにする

着物買取サービスを利用することによって家に眠っている着物のスペースを空ける事が出来ますし、使っていない着物をお金に換える事も出来ます。

また、自分の大切にしていた着物を別の誰かが大切に着てくれるので、売り手にとっても買い手にとってもWin-Winのサービスと言う事が出来るでしょう。

この記事を参考にして、家に眠っている着物を少しでも高く査定してもらうようにしてみてくださいね。